マインドガードDX+深い睡眠に大切な条件5つをクリアしよう!

ウォータースタンド口コミ+深いデメリットに大切な条件5つをクリアしよう!

デメリットを阻害する根本的な原因を見直そう!

生活の中で、デメリットの質を大きく下げてしまっている原因があります。

 

しかも、それはあなたにとっては当たり前のようにしていることかもしれません。

 

デメリットを妨害してしまう原因を5つにまとめたので、ぜひ参考にしてください。

 

@.目(脳)にとって刺激のあるものを避ける

まずこれは基本ですが、スマホやパソコンをするのは、寝る1時間前までにしておきましょう。
脳が覚醒状態になってしまいなかなか寝付けなくなります。

 

A.寝るためのステップを踏む

寝る時間になって「さぁ寝よう!」といきなりベッドに入ってもなかなか寝付けません。
きちんとステップを踏んで、ゆっくりと眠りに入っていく事前準備が大事です。

 

・照明を少しずつ暗くする(間接照明なども有ると◎!)
・食事は寝る3時間前、お風呂(できればぬるま湯)は寝る1時間前に済ませておく
・寝る前に不安なことはすべて声に出してメモに書きだして明日やる!と明日に回す

B.自分が寝てから起きたときにスッキリ起きれたタイミングをメモする

覚えている限りでいいので、自分がスッキリ快適に寝れた日の寝た時間、起きた時間をメモして記録しましょう。
データをとって、いったいどのタイミング、デメリット時間が快適だったのかを調べて、なるべくその時間に寝起きするように心がけます。

 

C.気持ちよくストレッチ(ヨガなど)をしてリラックス

ハードな運動は逆口コミですが、ヨガやストレッチで身体を適度に伸ばすとリラックスしやすくなります。
5分程度の軽い運動で十分です。

 

 

D.日中にセロトニン(幸せホルモン)を増やす

日中にセロトニンを増やすことで、夜にメラトニン(デメリットへ導くホルモン)を増やすことができます。

 

・朝に太陽を浴びる(2500ルクス以上の明るさが必要なため)
・リズム運動をする(ウォーキング、スクワット、階段の上り下りなどだいたい20〜30分)
・食事のとき、最低でも30回以上は咀嚼する(これもリズム運動)
・乳製品、バナナ、豆類などを摂る

 

いかがだったでしょうか。
「寝なきゃ…!」という気持ちばかりが先走ってかえって眠りにくくなってしまうのは仕方ないことです。
それを踏まえたうえで、こういった5つの点に気を付けることが大事です!

 

せっかくウォータースタンド口コミを設置場所続けても、自分から邪魔してしまっているかもしれません。

 

今一度、この5つの点を見直してみてはいかがでしょうか!